ホーム > > 相続を問題にしないための遺言書作成 その3

相続を問題にしないための遺言書作成 その3

内縁の妻がいる人も遺言書を用意したほうが良いかもしれません。

前妻の子どもと内縁の妻がいる場合、財産は前妻の子どもに全部いきます。何年も同居していても内縁の妻には相続権はありません。

たとえば、内縁の妻と夫が夫の家に住んでいて、夫が亡くなった後に本妻の子どもがやってきて「あなたに権利は無いのでこの家から出ていきなさい」というドロ沼劇になることもよくあるのです。

もし内縁の妻に何かを相続させたいのなら、遺留分を害さない内容で遺言書に書いておくとその財産は相続させることができます。

また、先妻の子どもと後妻がいる場合で遺言が無いと、遺産分割協議がうまく進まないことが多いので、この場合もきちんと遺言書を残したほうが良いでしょう。

また、自分の子どもとは別に、かわいい孫に財産を残したい場合も遺言書で残すことができます。

八王子・多摩近辺で相続の無料相談が必要な際は、下記サイトにアクセスを(^_^)

http://www.souzoku-st.jp/


関連記事

闇金より現金化|ブラックリストでも借り入れできる小規模の消費者金融の一覧表があったとしたら...。
消費者金融で欠かすことのできない審査とは、借りる側がきちんと収入を得ているかを見...
屋上からみなとみらいが見える家
旭区二俣川で家探しを始めて早4ヶ月、今日見に行った家は向きが悪く、リビングの日当...
とりあえず、キャッシング現金化の情報が欲しい・・・
嫁が俺の知らない間に、貯金を使い尽くしてさらに借金を重ねていました・・・。俺はど...
相続を問題にしないための遺言書作成 その3
内縁の妻がいる人も遺言書を用意したほうが良いかもしれません。 前妻の子どもと内縁...
自分の家を
民事再生による解決は住宅のためのローンも含む多重の債務に苦しめられている人々を救...
危険性をコントロールすること
通常のはじめたばかりの人向けのFXの本では「損失が生じた場合はナンピンで全体の買...
トレード結果
外為取引の経験がない方が市場の要を探し出すためにはまず最初に注文を積んでいく事が...
自らが注文
初めて取引する時という場合には事前準備を手抜きしてはいけません。   ...
一般的な手続き
任意整理は一般に負債整理というふうにも呼ばれており、債権を持つものに対しての支払...
手続き後の返済
特定調停による処理も任意整理による処理とほぼ同じくそれらの貸し手へ返金を継続して...