ホーム > 独り言 > 一般的な手続き

一般的な手続き

任意整理は一般に負債整理というふうにも呼ばれており、債権を持つものに対しての支払いを続けていくことを前置きとした借金を整理していく方法のことです。

 

一般的な手続きとしては司法書士の資格を持つものあるいは弁護士の有資格者貸し手とあなたとの仲介役として利息を定めている法律によって利息の適用し直しを行って借りたお金の元金にかかる借入利息を削減する方法で36か月ほどの時間をめどに返済する整理順序です。

 

この任意整理にはいわゆる裁判所等をはじめとする機関が関係することはないためそのほかの選択と比べたときに、利用した場合における不利益が一番小さく、やり取りそのものが借金をしている人にとってなにも問題になることがないので真っ先に検討しなければならないモデルといえます。

 

お金の貸し手がサラ金などの高額な借入金利ならば、法律が許す金利などを超えて振り込んだ利息分に関してはその元金に適用すると考えもととなる元金それ自体を少なくすることも不可能ではありません。

 

ということから、サラ金業者みたいな法外な借入金利のところへ長い間返してきたケースではかなりの金利分を減らせるような場合もありますし10年以上続けて返済してきた例では負債そのものが償却されることもないとは言えません。

そーきっち通信

任意の整理の良いところについてですが、自己破産と違いある部分のみの借金のみを整理していくことが可能ですので、他に連帯保証人が付いている借入以外だけを整理する際や自動車ローンの分以外について手続きしたい際等でも活用することも可能になりますし、財産を放棄する義務はないので投資信託や不動産などの自分名義の資産を持っているけれど処分してしまいたくない場合にも有用な債務整理の手順といえます。

 

ただし、これから返済していく額と実際の所得額を検討し、適切に返済の計画を立てられるようなら任意整理の手続きを進めることが可能ですが、自己破産手続きとは異なって返済義務が消滅するという意味ではありませんので、借入金の金額が巨額な状況では実際に任意による整理の選択肢を選ぶのは難しくなるといえるでしょう。

 


関連記事

屋上からみなとみらいが見える家
旭区二俣川で家探しを始めて早4ヶ月、今日見に行った家は向きが悪く、リビングの日当...
憧れのブライダルエステ
従妹が半年後挙式を挙げることになり、現在ブライダルエステに通っています。式までの...
一般的な手続き
任意整理は一般に負債整理というふうにも呼ばれており、債権を持つものに対しての支払...