ホーム > 投資 > 自らが注文

自らが注文

初めて取引する時という場合には事前準備を手抜きしてはいけません。

 

トレードを始める前、起こる事を客観的に見ることができるゆとりがあります。

 

だけれども、トレードの中に深入りすると、どうしても物の見方が主観的になる場合があり、重要な時にちゃんとした状況がわからなくなるリスクがあります。

 

その分己の頭の中が合理的なうちにきちっと準備を進めておくことが重要です。

 

"準備"のためには、何はともあれ自分だけの筋書きを描くことからスタートします。

 

投資環境は上がる(または下がる)からランドを売る(あるいは買う)みたいに、あなたなりの台本を書いていきます。

 

その次は時間足チャートをチェックしよう。

 

それまでのレートの上下動を見て、今の値段を確かめます。

 

すると、「現在はなかなか高いレベルになっているな」とか、あるいは「もはや大方の勝負している、今から遅れて売買しても今はもう遅いな」ということが判断できます。

 

もちろんもう買い(または売り)するのが遅すぎるなと考えたらそれはすっぱりと割り切ることが大事です。

 

どう工夫してもシナリオを押し通そうとして無理に新規エントリーすると外国為替相場に跳ね返されてしまい損することになる危険があります。

 

ただたいがいの状況で準備が出来ている自身の筋書きを思い描いておけば、売り(または買い)が間に合わないなという具合にはなることはありません。

 

明確にFX市場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

次に、とりあえずは自らが注文しようと考えている外貨の変動を、ちゃんと見る事が必要です。

 

例として円安になるというストーリー展開を作成したのであれば、ドル円の変化に注目する事が大切です。

 

マーケットの動きを確認し始めた状態ではまだまだ明確に推移する気配を見せることなく小さな変化を繰り返しているだけだろう。

 

ところが、その推移をじっと注目していると、あるポイントで着実に、ドル高へとマーケットが動き始めてくる。

ここでようやくドル買いの新規注文を出すのだ。

 

通常は、ここまで注意深く準偏をやっておけばその取引で勝つ確率は相当大きくなります。

 


関連記事

結婚を考える
最近は恋愛結婚ばかりで、お見合い結婚はほとんど聞かなくなりました。 恋愛に両親は...
トレード結果
外為取引の経験がない方が市場の要を探し出すためにはまず最初に注文を積んでいく事が...
自らが注文
初めて取引する時という場合には事前準備を手抜きしてはいけません。   ...